2017/06/26

雨の日 カルガモヒナ~ズ、カワセミ若、雨宿り濡れシジュ

こんばんは。

一週間と少し前の写真です。
この日はわりとすんなり、お目当ての方に会えました。

スイレンの葉間にカルガモヒナ発見
スイレンの葉からIMG_8572


水面からくちばしを突っ込んで何か食べながら移動してます
水飲むひなIMG_8562


お母さんが切れちゃいましたが、この家族のヒナは8羽いました
カルガモひなーズIMG_8565


草の中でも、小さくピーピー鳴きながら、何か食べつつ忙しく移動中
草食べるヒナIMG_8545


近くで撮れた かわいい~♪
カルガモアップIMG_8555


小雨が降っています
池IMG_8613


久しぶりにカワセミの若鳥を見つけました  
若カワセミIMG_8625
たまに声がするものの、姿はなかなか見つけられずにいました

まだ黒っぽくて、短いくちばしが幼いです
若カワセミIMG_8627


シジュウカラも雨宿り中でしょうか?
濡れシジュIMG_8630
小さく写ってたものを拡大したら、羽が濡れてる様子が写ってました。

カルガモ親子は、全部で3家族見ました。
写真のよりもさらに小さいヒナの家族と、成鳥と変わりない大きさのヒナ家族がいました。
カイツブリのヒナは探してるのですが、見つけられませんでした。
子バンはだいぶ大きくなっていました。

そして…カルガモは小鳥より大きいしわりと近くで見られるけど、写真はなぜか難しいです。
スイレンのつぼみと一緒に撮れた写真もありましたが、残念ながら写りはどれもイマイチでした。
せっかくの良い背景なのに… この前撮った時も上手く撮れなかったです。
意外と動きが早いし、この時は特に雨で暗かったので、なかなか撮るのが難しいカルガモ親子でした。

次のチャンスは来年かな…。


      にほんブログ村 鳥ブログ 文鳥へ
           にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
     ☆ご訪問ありがとうございます☆
スポンサーサイト
web拍手 by FC2
2017/06/09

サンコウチョウ初見 (証拠写真)、ミドリシジミ、カイツブリ、子バンなど

おはようございます。

一週間ほど前の写真で、記事は予約投稿になります。

緑がすっかり濃くなり、鳥もよほど注意してないと見つけづらくなって来ました。
この日はカルガモのヒナと、シジュウカラのヒナなどもいるかな?
いなかったら花と虫を撮ろうくらいのゆるいノリで出かけたのですが、思わぬ出会いがありました。


着くと、まずはスイレンの花チェック
スイレンIMG_7680

そして、
スイレンの横を通過しようとしたら、すれ違った方の会話が聞こえ
「サンコウチョウいた。」 思わずリアクション!
別な方が、この辺にいるよとその場所まで案内して下さいました。

ほんとにいました!双眼鏡で見ると、シッポの長いシルエットが行ったり来たり。
サンコウチョウIMG_7699
濃い葉陰にすぐ隠れてしまい、2枚しかシャッタ押せませんでしたが、確認するとまぎれもないサンコウチョウでした。

メスか、オスの若かもしれないということです。
この時はさえずっていなかったので、あの美声は聞かれませんでした。
山では何度か声を聞いたことがあります。
姿は見えなくても、きれいで特徴のある声なのでわかります。
まさかここで今日見られるなんて思いませんでした!!


ミドリシジミ  こちらも教えて頂きました
ミドリシジミIMG_7707
じっとしてたので、クローズアップレンズに付け替えて撮りました。
羽を閉じてますが、開くと鮮やかな色だそうです。
色の違いで、AとかBとか、血液型みたいな名前の数種類のタイプに分かれるそうです (笑)


アオモンイトトンボでしょうか
アオモンイトトンボIMG_7774
こちらも調べたら、色違いのタイプがいるようです。
クローズアップレンズは、顔にピントを合わせたら羽が合わず失敗しました。


ホタルブクロ  下から撮って見ました
ホタルブクロ中IMG_7695


何か変
短すぎるカキツバタ (笑)
短いカキツバタIMG_7772
 

カイツブリさんたちがくわえているのは、エサでなく巣材のようです。
カイツブリ巣材IMG_7728


仲良く新居に向かうのでしょうか。うらやましいな~♡
カイツブリ巣作りIMG_7784


一羽だけ、後で岸の近くに来てくれました。
カイツブリ近いIMG_7755



こちらも思いがけず遭遇 バンと子バン (左下に小さいのが写ってます)
子バンIMG_7861
3羽ほど見られました。

バンも、成鳥はほぼいつも、若鳥も何度も会ったことがあるのに、小さいヒナに会えたのは初めてです。
無事大きくなってほしいなぁ。


お目当てのコも、少しですが見られました。
シジュウカラの巣立ちヒナ
シジュヒナMG_7797
写真には撮れませんでしたが、このあと親が来て、虫をもらってました。

コゲラの巣立ちヒナらしき声も沢山聞こえましたが、この日は下の方にはあまり来てくれず撮れませんでした。

カルガモ親子には、タイミングが合わず出会えませんでした。
探してない時は、普通に遭遇したりするのになぜでしょう~。

1か月前にキビタキ探しで若干燃え尽き、ドングリ系の花粉も沢山浴びたせいか咳が良くならず
レンズも、今くらいの時期は500mmクラスの超望遠を持ってないと木の上の鳥は撮りづらく…
撮れない、観られないと決めつけるのは良くないんですけど、やはり収穫は少ない日が多く
冬ほどはテンションが上がらずでしたが、変わり映えしないようで小さな変化はあり
時々この日みたいに思わぬ出会いがあるので、やめられません (*^o^)v

今日は大当たりの日だねと、先ほどの愛好家の方々も嬉々と話していらっしゃいました。
長く通ってる方はびっくりするくらい色々知っていらっしゃって、勉強になります。ありがとうございました。

※ 実はイベントが始まっているのですが、私自身の準備がまだ出来ていないので、後日また書かせて頂く予定です。


      にほんブログ村 鳥ブログ 文鳥へ
           にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
     ☆ご訪問ありがとうございます☆
web拍手 by FC2
2017/05/17

中の島 プチ探検 (見学会) 主に植物、鳥はほんの少し ヘビ画像有り

こんばんは。

先日、いつもの場所で、見学会があったので参加してみました。
ここの対岸は実は島になっていて、普段は人が入れないのですが
ボートで渡って島の様子を観察出来る会があると知り、参加予約しました。


ゴムボートが用意されてました。
ボート600IMG_7019
ライフジャケットを着て、ボートを漕いでくれるスタッフの方と3人での乗船でした。
乗り込むとフワッと沈む感覚がして、怖かったです。


数分後、対岸に着きました。
上陸IMG_7018


一面に咲くカキツバタを背景に、スタッフの方から、湿原植物についての説明を聞きます。
説明IMG_7020


スイカズラ
スイカズラIMG_7024
確か、本土の方にはなかったと思います。 ※ 後日、本土にもあったことを確認しました。すみません。


カキツバタ、ニガナ (違ってたらごめんなさい)
カキツバタIMG_7028



湿地になっているので木道が作られていて、もう少し続きます
道IMG_7048


コウホネが一輪、咲いてます。
コウホネ大IMG_7032
この場所ではよく見かける花ですが、なかなかこんなに近くで花の中まで観察出来る機会はありません。


ヒヨドリも2羽仲良く行動していました。兄弟姉妹でしょうか。
ヒヨIMG_7053


見学は大体終わり、少しの間撮影タイムです
湿地IMG_7064


ザリガニ用のわな  
わなIMG_7065
白い定規を見ると、水深70cm弱です。


早くも帰り路。いつもよりも目線が低いためか、水面が近く、やっぱり怖かったです。
水面IMG_7067
怖い怖い言って、笑われました (-ω-;)
水深1m以下なので、落ちても死なないとわかっても怖いです (苦笑)

行きは怖いのと、ボート脇のロープを掴んでないとならないのもあり、写真が撮れなかったので
帰りは無理しない程度に、記録写真を撮りました。


---------------
下からは、本土の写真です

カルガモさん 「どう、面白かった?」
カルガモIMG_7073


カイツブリさん 「ねえ、ぼくの彼女見かけなかった?」
カイツブリIMG_7100


スイレン
スイレンIMG_6995

この花も、放っておくと増えすぎて、他の植物にも影響があり大変なことになってしまうそうです。
茎が固いので、池のザリガニが食べないからそうです。
かと言って、スイレンの花は一番人気だそうで、なくすことは出来ないので、増えすぎないよう手入れされてるそうです。

今回の見学会は、ここの場所 (主に植物) を知ってほしいという試みだそうで、実は数年前からやっているそうです。
食物連鎖の話や、種の保存のために色々な試みをされている話が興味深かったです。※ 追記あり

写真撮影や、ブログに掲載もどうぞということなので、喜んで載せさせて頂きます。
スタッフの皆さま、ありがとうございました。

-----------------------
< おまけ > ※ 閲覧注意!! 見たい人だけタッチしてくださいね

アオダイショウサムネール

アオダイショウ抜け殻白サムネール

日向ぼっこしてる写真は、一週間前のものです。
きれーいに抜けた抜け殻を発見して、同じくらいの大きさだし、先週見たあのコのかなと話してました。もし違う個体だったらすみません。
立派な抜け殻なので、隣で見てた方が「持って帰っておサイフにしたい!」と話してました (笑)


< お知らせ >
・とり雑貨のお店 ぶらしの木さま 5/21(日) 12:00 OPEN
 すてきな鳥雑貨がいろいろです。私の野鳥ポーチも置いて頂いております。
 HPに、詳しい地図が乗っています。
 大阪お近くで、特に野鳥好きな方、どうぞ足を運んで見てくださいませ (*^-^*)

 ぶらしの木さま ホームページはこちら 
 ブログ 「しろでこ日記」 はこちら 

・6月からまた、イベントに参加する予定です。


      にほんブログ村 鳥ブログ 文鳥へ
           にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
     ☆ご訪問ありがとうございます☆


web拍手 by FC2

続きを読む

2017/05/07

キビタキ初見♪(証拠写真) & ぶらしの木さま 近日OPENのお知らせ

こんばんは。

お久しぶりです。日にちが空いてしまいすみません。一週間くらい前の写真になります。

なかなか見つけられずにいたキビタキを、やっと見つけることが出来ました。

キビタキ君のさえずり
[広告] VPS


キビタキ君 (証拠写真レベルですみません)
キビタキIMG_6704

いるという話は聞いていたので、どうしても見つけたく、朝早めに何度か足を運びました。
初日は声だけ確認出来たので、後日カメラを持って出直しました。
高い所で、枝から枝へ飛び移る様子が何とか見られました。
写真は難しかったけど、双眼鏡で姿がしっかり確認出来たのでうれしいです。
近くで写真を撮れる機会が、またいつか訪れるといいなと思います。


偶然見られた、コサメビタキ
コサメビタキIMG_6771
2枚くらいしか撮れなかったけど、顔が写ってました。
体色は地味ですが、とてもかわいい顔でした。


アオサギ 魚を捕食
アオサギ魚IMG_6725


キジバト
キジバトIMG_6756

ガサゴソ隊 (落ち葉をあさってる鳥を勝手にそう呼んでます) 、冬はシロハラとかシメなど何種類かいたのがもういなくなってしまいましたが、こちらの方はまだ見られます (*^-^*)


カワウ
カワウIMG_6779



キンクロハジロがまだいた! (笑)
キンクロIMG_6778
冬鳥のキンクロハジロのつがいらしきオスメスが、一組だけいました。

帰らなくていいの~ !?


翌週はいませんでした。無事帰ったのでしょうか。



カキツバタが咲き始めました。
カキツバタIMG_6749
一週間くらい前の写真なので、今はもっと咲いています。


ハート型に見える藻
ハートの藻IMG_6747



池IMG_6738
葉が増えて来て、鳥は見つけづらくなりましたが、池は緑色が美しくなります。



< お知らせ >
大阪にて、新しく とり雑貨のお店 ぶらしの木さま がOPENされます。
シルぶん工房のポーチも、何種類か置いて頂けることになりました。
店主さまがバードウォッチングがお好きで、特にヒヨドリに愛着がお有りとのことです。
ぶらしの木” の名前の通り、ぶらしの木シンボルになっていて、店内も木の木目が素敵なお店です。
詳しくはまた後日載せる予定です。

・ 5/21(日) 12:00 OPEN です
ぶらしの木さま ホームページはこちら 
ブログ 「しろでこ日記」 はこちら 




      にほんブログ村 鳥ブログ 文鳥へ
           にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
     ☆ご訪問ありがとうございます☆
web拍手 by FC2
2017/04/11

Sakura in a rainy day  ~ ソメイヨシノ、コガモ、カルガモ、ドバト ~

おはようございます。

数日前、雨の中久しぶりにカメラを持って出かけました。

いえ、雨だからこそ(?)準備をしてカメラを持って出かけました。 ※ 記事は予約投稿です。


川IMG_5762


コガモ
コガモIMG_5681


カルガモ
カルガモIMG_5720



花IMG_5738



花びらIMG_5784



階段IMG_5768



木遠近IMG_5866


ドバト 
ドバトIMG_5881

この場所の桜のことは、ずっと前から車で通ったことがあり知っていたのですが、徒歩だとどう行くのかわからなく、先日手が痛くてカメラなしだった時に、せっかくだからこの際に確かめようと、いつもの場所から足を延ばして見ました。
片隅に残っていた記憶よりもさらに美しく、週末どうしてもカメラを持って来るしかない!と思っていました。

傘を差して、カメラにもビニールをかぶせて撮ってましたがすぐ雨が上がりました。少し寒かったですが、人も少なく落ち着いて見られました。
白に近い印象のソメイヨシノも、雨の日に撮ると、意外としっかりピンク色なのでした。

川の上は、撮れなかったけどツバメやムクドリ、ハクセキレイ、ヒヨドリ、スズメ、カワラヒワ、シジュウカラ、ツグミ、コゲラなどいろんな鳥が横切ったり、行ったり来たりしてにぎやかでした。
そんなわけで余談ですか、川の手すりに落とし物が沢山ついていて、いつものように肘をついてカメラを押さえるのはさすがにやめました。

人も、私たちが帰る頃に、雨も上がったことだし、これから夜桜組と思われる人たちでだんだんにぎわって来ました。



      にほんブログ村 鳥ブログ 文鳥へ
           にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
     ☆ご訪問ありがとうございます☆
web拍手 by FC2

続きを読む